理学操体講習会 理学操体養成コース 理学操体勉強会 I(アイ)ポジション K(ケイ)ポジション完全習得セミナー  

【下井先生】

a:364 t:1 y:1

★下井征典(しもい まさのり)先生のご紹介

☆氏名:【下井 征典 (しもい まさのり)先生】
☆性別:【男性】
☆現在お住いの地域:【東京都】
☆事務局・主催等:【東京理学操体セミナー主催者】
☆整体院・治療院:【下井接骨院 院長】
https://shimoi-sekkotu.com
☆保有資格:


★10月2日 下井先生のコラム

理学操体東京事務局の下井です

今日は千手観音をテーマにしました。

私は操体の声かけをするときに千手観音を意識しています。

これだけ手があったら施術が楽だろうな〜と思いませんか?

クライアントさんを診させていただく際に、手を添えるような感覚で声かけするよう心がけています。

加藤先生の声かけは、声の手を無数に使っているように私は感じております。

自分の中でそれを意識し始めた時に操法の効き目も格段に上がりました。

『声の手』をそっと伸ばして気持ちよく動いていただくお手伝いをしています。

理学操体セミナーのお知らせ

10月8日 (日)理学操体岡山セミナー
10月21日(土)理学操体沖縄セミナー
10月22日(日)理学操体宮﨑セミナー(残り1席)
11月3日 (金・祝)理学操体東京1デイセミナー

詳しくはコチラをご覧ください。

http://sendai-hihumi.main.jp/】

★10月9日 下井先生のコラム

理学操体東京事務局の下井です。

今日は『iポジ両足がベットに上がらない』をテーマに書かせていただきます。

もし…iポジを習った(DVDで学習した)けど、片胡座(かたあぐら)検査が出来ない場合、真iポジを使い腰痛を解決するのは不可能なのか?

答えはズバリ『NO』です。

※東京、大阪、宮崎、三重、福岡、沖縄で行った、真iポジ.kポジの講習会では解決方法も丁寧に解説しております。

解決方法の代表的なアプローチの仕方

①ルーツ操法

『ルーツ操法』とは?
iポジを作るキッカケになった操法で、正確には『座位の踏み込み操法』といいます。

②剥がし

加藤先生がクライアントに対し、数多くの剥がしを実践し最も効果の高い20〜30ポイントを紹介しております。

全て行う訳ではなく、状態に合わせて1〜3ポイント行うだけです。片胡座が可能になり、従来のiポジに繋げることが出来る突破口を作り出せます。

加藤先生を初めて各事務局の先生方は、理学操体を学びに来てくださる先生に対しあらゆる状況にも慌てず対応出来る事を目指しております。

今回の動画は(face bookの理学操体ページにあります)、東京セミナーの様子です。

片胡座検査が出来ない場合どうするか? 是非ご覧ください。

東京では、11月3日に 1日完結 iポジ kポジセミナーを行います。ご興味のある先生は下記情報も是非ご覧ください。

理学操体セミナーのお知らせ

10月21日(土)理学操体沖縄セミナー
10月22日(日)理学操体宮﨑セミナー
(残り1席)
11月3日 (金・祝)理学操体東京1デイセミナー

詳しくはコチラをご覧ください。

★10月16日 下井先生のコラム

『効かない?でも…その前に』

技が効かなかった…
つい先日、私が耳にした言葉です。

更に耳を済ますと、結果が出なくて当然の事をされているんです。強いて挙げるならば『検査のすり抜けが起こっている』又は、検査したつもりだけど、検査のすり抜けが起こっている。

なぜすり抜けるのか?相手が人間だからです。
自身の身体の動きを充分に認識されていないクライアントがほとんどです。

術者『動かし辛い方は右?左?』

患者『両方大丈夫です!』

こんな会話の流れになった際には注意が必要です。そんな時は、検査のすり抜けの可能性が高いと思います。

入念な検査と言っても、取り調べのように捉えられる方もいますからただ時間をかければ良い訳ではなく、クライアントさんが

①治療に参加して下さるような工夫
②分かりやすい言葉を選び説明をする事
③検査の動きを細分化する
④自分自身の対応が妥当かどうかを俯瞰する

などなど、プラスαの工夫が必要です。検査をすり抜けたまま操法に移れば効かないのは当然です。

もし、『最近効き目が悪くなった』『技が決まらなくなった』と思われるようでしたら、検査の見直しも現状打開の突破口になると思います。

11月3日
理学操体1デイセミナー東京

今年、東京では最後の講習になります。
おかげさまであと2席で定員となります。

★10月23日 下井先生のコラム

理学操体東京事務局の下井です。

本日は『剥がし』についてお話しさせていただきます。

剥がしは、マストポイント、完全習得セミナーではマイナーポイントが加わりIポジション編だけでも30以上のポイントがあります。

施術時には、そのポイント全て触る必要があるのか?というご質問をいただいたので、そのお答えの場も兼ねて綴らせていただきます。

まず、マストポイント全て触る必要はありますか?という質問に対してのお答えは『NO』です。1ポイントの施術で充分な効果があれば、そこでOKだと思います。

基本的マストポイントは無数にあるポイントの中から厳選された代表的なポイントですから、どこをチョイスしても効くようになっています。

その中で先生が効果を出しやすい場所、比較的捉えやすい場所…等々。得意なポイントを1つで良いと思いますので作ってみてください。

★10月30日 下井先生のコラム

こんばんは

理学操体東京事務局の下井です。

【上善如水】じょうぜんみずのごとし

お酒のお話ではありません
春秋戦国時代の中国における哲学者である
【老子】の言葉です。

老子の基本的なスタンスは【競争しない事】

その考え方は現代人にとっては
競争から降りる=【負けを認める】【逃げる】
と捉えがちですが、

老子によれば、水のように「争わず、低きところに留まる」生き方こそ
堅く強い物に打ち勝つ秘訣だとか・・

弱さに徹した水の性質を変えさせるものはない
だからこそ、水に勝るものはないのだと言います。

確かに水は、その流れの力で少しずつ大きなもの(土や石)を
動かすこともできます

長い年月をかけて(粘り強く)水滴で岩に穴を開ける事もできます。

流れに触れても、手には何も残らない
それなのに、何にも勝る力をもっている

そんな【しなやかさ粘り強さこそ究極の理想】だと言えます。

ブルースリーも

心を空にするんだ。
形を捨てて
水のように
水をカップに注げば、水はカップになり
水を瓶に注げば、水は瓶になる
そして急須に注げば、急須になる
水は流れる事も砕く事も出来る 友よ水になれ
という言葉を残しています。

蛇口を捻れば当たり前のように流れる水
しかし改めて考えると水とは不思議な物体だな
と思います。

水を治療家に置き換えると

時には相手の形に合わせて柔らかくしなやかに

時には地道に臨床や練習を重ね大きな岩に穴を空けられるように(試練を乗り切る)

しかも、万物に恵みを与え、争う事なく低い所に留まる(謙虚に生きる)

私にとって究極の治療家像となります。

理学操体東京
iポジション kポジション 1デイセミナー
いよいよ今週の金曜日です!!

★12月7日 下井先生のコラム

理学操体事務局の下井です

【大道廃して仁義あり】

みなさんも、一度は耳に(あるいは目に)
したことがあるフレーズではないでしょうか。

これは、「真実の道が衰退して、仁義や正義をことさら強調するようになった。」という意味です。

やたらに「仁義だ」「正義だ」と“押しつける”人や、自分の知識をひけらかす人への皮肉を込めた言葉だと言われています。

「わざわざ仁義だの正義だの愛だのを強調しなければいけないのは、人々の心にそれがない証拠だ。

本来は、それが心に備わっているのが自然なカタチ。

周りからやいのやいのと強要されなければいけないのは、人としての【真実の道】が失われてしまったからではないか?」

老子曰く、仁義だの忠義だの孝行だの…と、
上っ面な道徳観や価値観の押しつけが始まったのは、
人々が【道】を忘れてしまったからなのではないかと言うことかも知れません。

私達、療術家にとっての道とは何なのか?
一人一人が考える必要があると思います。

◆短時間施術

◆高単価施術

◆マーケティング、経営塾

◆未来を不安視させる広告等々

これらは成功を元にした体験談かも知れません。

もちろん否定する気も競う気もありません。

しかしこれらの他人が決めた成功の価値観を押し付けられ右往左往してしまうのであれば

それは

【道=在り方】を忘れてしまったからではないでしょうか?

行き詰まったり、不安になる事は誰にでもあります。

やり方を強調される時代だからこそ

【何が必要か?】
と、いうことを考える絶好のチャンスではないでしょうか?

少々生意気な事を書きましたが、私も今与えられたチャンスをじっくり味わっております。

ここからは私見になりますが、

そんな時ほど、
自分の外側に答えを探すのではなく、

自分の内側を見つめ直す事に徹する!

自分自身の中に答えは用意されていると思ってます。

最後に

私にとって理学操体は単なるテクニックではなく、自分の【道】見つけ出す学びである事
だと確信しております。

1人でも多くの先生に
理学操体を手に取っていただきたいと
思っています。

最後まで読んで下さり
ありがとうございました!!

———————————

今年最後の理学操体のイベントとして
東京体験会を開催させていただきます。

ご興味があれば是非
理学操体セミナーページをご覧ください!!

★12月25日 下井先生のコラム

【自分の殻】

理学操体事務局の下井です。

○○を学んで自分の殻を壊したい!
○○セミナーに参加して自分の殻を壊したい!
○○先生に自分の殻を壊して欲しい!

こんな話を耳にしますし
こんなマインドの先生が多いように思います。

そもそも殻って外から壊してもらうものなのでしょうか?

殻って内側から壊すからこそ、これからもっと厳しい現実に立ち向かえるのではないでしょうか?

そう思うのは私だけでしょうか?

辛い時

迷った時

困った時

藁にもすがるように自分の外に答えを求めがちですが、外には答えは無く

自分の中に答えはあるように思います。

★2018年1月7日 下井先生のコラム

理学操体東京事務局の下井です

今回は【自分軸】をテーマに書かせていただきます。

・業界危機
・不幸システム
・短時間高単価

私の嫌いな言葉を並べてみました
最近Facebookを開くと見たくもない広告がいっぱいあります
短時間月商〇〇〇万円等々
高単価システムの誇張、一生懸命頑張る先生を否定する挑発的な内容・・
ただ物を売りたいだけとしか思えないコンサルの広告が増えています。

不安産業は儲かるのですね・・・

なんで不安をあおると儲かるのか?

不安を煽ると藁にすがるようにそこに
乗っかる先生が多いからです

なぜ乗っかるのか?

その根底に通暁するものは、生存本能と欲望で欲望が劣位に立たされると
不安や恐怖が起こります。

社会の中で生きている人にとって、
自分が他者より劣っていると感じる劣等意識が消費行動としての需要を生じさせ、
これに応える形で供給としてビジネスが成立し成り立っています。

メディアを使った広告を使うことで次々に新たな不安を煽ることで不安産業は増大していくのです

そう
業界全体で不安産業を盛り上げちゃっているのです。

もちろん、コンサルを利用することで
成功を収める先生もいらっしゃるのは確かです

私の場合は
自分の軸を持つことで不安産業の売り込みに右往左往しなくて済むようになりましたし
収入は結果であって目的ではない事に気付いた。

【技術(やり方)】【心の持ちよう(あり方)】を磨く事により
得た事だと思っています。

理学操体は私にとって大切な気付きの場、学びの場と
なりました。

業界全体の問題とか言ってしまえば簡単で他人事ですが
それは違うと思います

今まで何度も書かせていただきましたが
問題は自分自身の内側にしかないと思います!!

★2月5日 下井先生のコラム

【イメージ力】

理学操体東京事務局の下井です

先月14日より加藤先生と一緒にアリゾナへ人体解剖実習に行ってきました!!

幸いにも、カイロベーシック社からDVDをリリースされている【あたまの整体®】の古藤先生も参加され解剖が始まる前から素晴らしい学びが確定されていました!!

今回は『下垂体が見たい!!』『蝸牛が見たい』という細かい目的を持たずに解剖実習の日を迎えました

ご検体に失礼の無いようにしっかり準備(予習)これはアリゾナ行が決まった昨年4月より意識してきました。

私の今回の目的は『イメージ力を高める事』

理学操体 真Iポジション 真Kポジションは旧型の操法をより簡略かつ効果的にし『はがし』という概念が加わり死角極限に減らしたテクニックです。

最近は操法に入る前に、はがしのみで施術が終えられるほどになり、施術時間も質を上げながら余分な時間を削ることが出来てます。

でも、はがしって実際何を剥がして内部でどうなっているのか?加藤先生がセミナーで説明されている部分を実際に見てみたいと思うようになりました。

実際に体の内部や剥がしのポイントを肉眼で確認することでイメージ力が格段に上がりそれに比例するように剥がしの精度も格段に上がりました。

既存のイメージと実際に見たもののズレをしっかり観察出来たことが自分のイメージ力を更に高めたのだと思います!!

健康を創るお手伝いをするのであればやみくもにテクニックを当てはめるのではなくしっかりとしたイメージを持って取り組むことの大切さを今更ながらに知りました・・・

日々精進です   

押忍!!


☆現在募集中の理学操体のセミナーです

<完全習得セミナー東京>

<会場>   下井接骨院
〒123-0842 東京都足立区栗原4-9-8 03-3855-4800
<アクセス> 東武スカイツリーライン西新井駅より徒歩15分

<募集人数> 12名 →残席4(あとわずかです)

日時
◆3月17日(土) 午後 1回目 14:00~17:00
◆4月14日(土) 午後 2回目 14:00~17:00
◆5月12日(土) 午後 3回目 14:00~17:00
◆6月16日(土) 午後 4回目 14:00~17:00
◆7月14日(土) 午後 5回目 14:00~17:00

<完全習得セミナー大阪>

<会場>    メディオン整体スクール メディオン整骨院
〒530-0041大阪市北区天神橋3-2-9 川那辺ビル2階

<アクセス> 堺筋線 谷町線 南森町駅徒歩10秒

<募集人数>  12名

★3月18日(日) 午後 1回目 13:00~16:00

★4月15日(日) 午後 2回目 13:00~16:00

★5月13日(日) 午後 3回目 13:00~16:00

★6月17日(日)午後 4回目 13:00~16:00

★7月15日(日) 午後 5回目 13:00~16:00

費用 32400円/1回 <テキスト込>
※5回分一括納入の先生は150000円となります。

詳しくは

http://sendai-hihumi.main.jp/index.php?FrontPage
をご覧ください

2月28日 下井先生のコラム

【クライアントさんとの信頼関係】

1番大事な事だと思います。

どんなに素晴らしい言葉を並べても
治せないのなら【能書き】になります。

どんなに素晴らしい施術をしても
相手(クライアント)を置いてきぼり
にするような技術は【自己満足】になります。

【剥がし】のテクニックは
一問一答形式で【あからさまに】変化を出す
事が出来ます!!

今回の動画はオーストリアセミナーにて
少しの刺激でクライアント役の先生に身体の変化を感じて貰いながらセッションを行う様子を載せました。

今年の理学操体完全習得セミナーは
東京、大阪で各1回のみとなります。

理学操体現在募集中のセミナーです!!

<完全習得セミナー東京>
<会場>   下井接骨院
〒123-0842 東京都足立区栗原4-9-8 03-3855-4800
<アクセス> 東武スカイツリーライン西新井駅より徒歩15分
<募集人数> 12名 →残席3(あとわずかです)
日時
◆3月17日(土) 午後 1回目 14:00~17:00
◆4月14日(土) 午後 2回目 14:00~17:00
◆5月12日(土) 午後 3回目 14:00~17:00
◆6月16日(土) 午後 4回目 14:00~17:00
◆7月14日(土) 午後 5回目 14:00~17:00
<完全習得セミナー大阪>
<会場>    メディオン整体スクール メディオン整骨院
〒530-0041大阪市北区天神橋3-2-9 川那辺ビル2階
<アクセス> 堺筋線 谷町線 南森町駅徒歩10秒
<募集人数>  12名→5名

★4月15日(日) 午後 1回目 13:00~16:00
★5月13日(日) 午後 2回目 13:00~16:00
★6月17日(日) 午後 3回目 13:00~16:00
★7月15日(日) 午後 4回目 13:00~16:00
★8月26日(日) 午後 5回目 13:00~16:00

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional